にごり

初搾り 霧筑波

下妻産の五百万石を使用。
伝統の槽搾りによるきめ細かい滓が織りなす、スッと飲める味わいの新酒搾りたて生酒。

商品名
霧筑波 初搾り
使用米
下妻産 五百万石
精米歩合
65%
日本酒度
+4
アルコール分
15度
酸度
0.9

下妻市の篤農家 國府田房雄・石島和美両氏と契約栽培した酒造好適米[五百万石]を小川酵母で醸し、古来からの槽搾りでうすにごりのまま瓶詰しました。
茨城県で酒造好適米の等級審査の基準が制定される以前から酒造好適米の契約栽培に乗り出し、今日まで継続してまいりました。
古来からの伝統的な槽搾りは酒袋に醪を約10Lずつ入れ、槽に敷き詰め上から圧力をかけて搾る方法でとても手間がかかりますが、この槽搾りで搾ることで酒袋の目から出た滓がきめ細かい”うすにごり”になり「霧筑波 初搾り」のいつまでも飲める味わいを形成しています。

PAGE TOP