日本酒について

スタイルを貫く

令和2年度の鑑評会は小川酵母や生酛仕込みのお酒で挑みました。 小川酵母や生酛のお酒は昨今の鑑評会の評価基準では圧倒的不利な条件となりますが、自分たちのスタイルを貫いた上で勝つことを目標に挑戦しました。

現在、全国新酒鑑評会、南部杜氏自醸酒鑑評会、茨城県清酒鑑評会で全て入賞中です

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP